れあくらぼ

最新情報は
\ こちらから /

風の時代、非常識を常識に 風の時代、非常識を常識に new normal new normal

新たなムーブメントを北の大地から 新たなムーブメントを北の大地から new movement new movement

152年の時を超え、新たなる開拓 152年の時を超え、新たなる開拓 new frontier new frontier

捨てないことを、諦めない

本来なら捨てられてしまうもの、ゴミになってしまうものや、売れるはずがないとあきらめてしまったもの、まだ認知がされていない素晴らしい商品。北海道には価値のある素材が多く眠っている。見逃されてしまった素材の魅力に改めて向き合い、見つめ直す。自然、人、物の命を諦めない。社会課題を見捨てない。「捨てない」ことを、「諦めない」という想いと行動を大切にする会社です。
北海道の課題に誠実に向き合い、共に歩み続けます。

コンセプト

  • 地域の様々な課題に向き合いながら、その課題解決に向け動き出す社会づくり

  • 地域の持つ自然と共に生き生きと暮らす人たちであふれる社会づくり

  • 人も物も簡単に「捨てない」と思える社会づくり

  • 住み心地が良く、未来につながるプロジェクトであふれる北海道づくり

  • 作るだけではなく使うことで課題解決を循環させられる仕組みを作る組織の構築

  • 常に北海道からの発信で道外・海外に夢を与えられる企業である

事業内容

自社プライベートブランド
商品の開発・販売事業

人が必要とし、求めている美・食・健康をテーマとした自社ブランド商品の開発・販売を行う。

各自治体に
おける地域商品の
プロデュース事業

各地域の洗練された上質な空間で生まれた地元農産物・特産物のリブランディングを実施し、またそれに伴う企画・運営のプロデュースおよび特産物販売だけではなく観光情報発信の役割も担うと共に、まだ知られていない商品を見つけ出し、商品開発を行う。

地方創生事業

北海道の各市町村において過疎化が進む地域の活性を目指し、地域課題に合わせた多様な方法で地域創生の一助となる取り組みを展開する。

注目されていない北海道素材に目を向け、魅力を引き出すためにしっかりと向き合います。
私たちは社会課題を見捨てない、見てみぬふりをせずに、一度はあきらめた事に対しても再度手に取り最後まで向き合います。
私たちは、地域課題に向き合うことが環境課題に向き合うことにつながり、ひとりひとりが「捨てない」暮らしを選ぶようになることであるべきバランスに戻っていく社会を実現します。

ブランド

北海道の魅力を
たっぷり詰めたブランドネームHokkaido369

れあくらぼ北海道が発信する、自然、安全、健康などに拘った、オリジナルブランドの総称。
北海道を中心とする、隠れた魅力(369)のある商品を探し出し、お届け致します。
北海道から全国へ、そして世界へ!そんな思いを込めて作られたブランドです。

3 すべての人に健康と福祉を
6 安全な水とトイレを世界中に
9 産業と技術革新の基盤を作ろう
詳しくはこちら
北海道369

プロジェクトメンバー

北海道に熱い想いを持つプロフェッショナルが集まりました

伊達 弘恭YASUHIRO DATE

代表取締役社長

札幌市に生まれ、札幌市で育つ生粋の北海道人。その北海道の地域活性化にこだわり20年間、ぶれることなく様々な形で北海道の地域活性化事業に携わって来た、まさに情熱の塊とも言える。情に厚いその性格から、人も物も『捨てないことを諦めない』をテーマに妥協を許さない。信念の鬼!

小林 健一KENICHI KOBAYASHI

常務取締役

この企業の知能中枢であり元銀行員という経歴を生かした、全ての管理業務をコントロールするフィナンシャルマネージャー。すべての事に全力であたるその姿勢と、温厚なその性格から業務の壁を越え、営業までこなしてしまう!

黒川 安彦YASUHIKO KUROKAWA

常務取締役

まさしく天才と呼ぶにふさわしい人財!商品開発力、販売力、デザインセンスの全てにおいて一流の能力を持つ会社の要。その能力で社会貢献のビジネス展開を担う。

堀田 清KIYOSHI HORITA

北海道医療大学薬学部 准教授

薬学博士であり漢方の権威でもあると同時に薬草研究の神様である!北海道で生息する野草の力を薬草として世に広め、北海道自然を別の角度から、その魅力を伝えることが出来る唯一無二の存在。またその才能は野草の写真でも認められ、多くのファンを持つ、植物写真家でもある。全国の富士フィルムフォトサロンにて、2006年より写真展を毎年開催。2017年えりも観光大使就任。

高見 秀弘HIDEHIRO TAKAMI

微生物研究家

微生物の研究家であり、無機物の発酵における第一人者。現代科学を超越した新しい技術で、様々な分野に革命を起こす。農業法人の運営をはじめ各種の業態にて才能を発揮、彼が経営する久米島の自然塩工場で作られる塩は、民間初の伊勢神宮より奉納依頼を受け奉納された由緒正しき塩でもあり、海洋深層水を使った塩にも関わらず彼の作るお塩からはマイクロプラスティック不検出という、にわかに信じがたい成果まで上げている。まさに現代の魔法使いともいえる。

Mr. X 

 

今はまだ公表しない6人目のキーパーソン近日公開予定!

開発ストーリー

オリジナルブランドの開発のきっかけやエピソードを更新しています。

Coming Soon

代表挨拶

北海道の地域課題に
徹底的に向き合います

北海道の地域活性化というテーマに想いをはせてから約20年が経とうとしています。この間に農業の現場にも立ち、色々な方との出会いがあり今日があります。私の信念は、考えるよりまず動くことです。何かを動かそうと思えば、まず、自分から動くことだ。一人が動けば万波となって、大きなうねりとなり、動けばドラマが生まれる。動けば結果が出る。動けば歴史が変わる。動かねば何も動かない。という思いが基本です。れあくらぼ北海道は自らの足で現地に出向き、課題を深堀りします。地域に根付いた商品・企画のプロデュースを行います。そして次の世代へどんな北海道を残したいのか・残していくべきかを企業・自治体・研究者・生産者と共に考え実行に移します。自社商品の開発・販売の経験を重ね、実績を持って課題と真摯に向き合います。その中には失敗も生まれるでしょう。でも「失敗とは転ぶことではなく、そのまま起き上がらないこと」、「何かを学ぶのに、自分で経験する以上に良い方法は無い」の精神で進んで参ります。

代表取締役社長  伊達弘恭

会社概要

会社名
れあくらぼ北海道株式会社
住所
本社
〒064-0954 札幌市中央区宮の森4条10丁目7番1号 セレステ宮の森402号室
電話番号
TEL:011-215-4472  FAX:011-215-4937
メールアドレス
info@reaclab.co.jp
代表者名
伊達 弘恭
設立
2021年3月12日
取引先
株式会社植物エネルギー
高見顔料株式会社
れあくらぼ

れあくらぼ とは?

Regional(地域)・Activation(活性化)・Laboratory(研究所)という単語の頭文字をひらがなにし組み合わせました。

お問い合わせ

必須お問い合わせ種別
必須名前
必須ふりがな
せい
めい
必須電話番号
必須メールアドレス
必須お問い合わせ内容
下記をお読みいただき、同意の上ご送信ください。

ご記入いただいた個人情報は、法令に基づく場合等を除き、お問い合わせの回答のために使用させていただきます。

ご記入いただいた個人情報は、お客様への回答のため、当社またはクループ会社の該当部門に回付させていただく場合がございます。

ご記入いただいた個人情報について、利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止をご請求いただけます。お手続きについては「個人情報の開示等の手続き」をご覧ください。
お問い合わせの内容によっては、回答に日数を要する場合がございます。このため、回答期日の指定や「至急」のご要望にはお応えいたしかねる場合がございます。